岐阜別院の歴史


岐阜別院の歴史

沿革

岐阜別院は、16世紀の後半、本願寺第11代・顕如上人が岐阜県美濃地方にご巡教の折にこの地の一柳直高が信徒となって帰依しその没後に墳墓のそばに一寺が建立されたことにはじまります。

慶長8年
1603年
第12代・准如上人が当地をご巡教の際に、先の直高の子息・直末が父の遺命により志を申し出て本願寺の坊舎別院となったのであります。

本願寺第12代
准如上人(じゅんにょしょうにん)

顕如上人の第3男。後に大谷派本願寺を別立された長兄・教如上人に代わって17歳でご継職。地方別院の体制を固め、近世本願寺の基盤を築かれた。
学問に造詣深く、「文類聚鈔」などをご刊行。54歳で示寂された。

本願寺第12代 准如上人
正保2年
1645年
南北11間半、東西11間の本堂が再建され、当地方の真宗門徒の中心道場として護持される。
正徳3年
1713年 右写真(当時の本堂)参照
諸堂が焼失してしまいました。その7年後には護法の念に燃えた近郷の門信徒の力により本堂が再興され、爾来、数百星霜にわたり当地方の寺院・門信徒の篤い帰向と崇敬のなかで護持されてまいりました。
昭和20年
1945年7月9日 第二次世界大戦
大空襲により、山門・鐘楼・経蔵等を残して、本堂等が、灰燼に帰してしまいました。
昭和26年
1951年 右写真(再建の様子)参照
再建されましたのが、現在の梁間十間、桁行18間の尊容を誇る本堂であります。その再建は、当地全体の復興のシンボルとして、1ヶ月に及ぶ基礎工事には 4500人もの門信徒が奉仕活動に駆けつけるなど岐阜県下の寺院・門信徒が一体となって総力を結集して成し遂げられたものでした。終戦後いく年も経たずしての本堂の復興は、当時の人々に尊いおみのりの灯をともすこととなり、本願寺門信徒の誇りとして、今なお語り草として受け継がれております。その本堂の形態には、特に参拝(聴聞)者席を重視して、時代を先取りして広い間取りに椅子席を多く取るなど、伝道教団にふさわしい機能が取り入られたものとなっております。
昭和34年
1959年
ご本山の旧「総会所」が特に当別院に「対面所」として移築を許可され、その建物が現在は「香光殿」として多目的に活用されております。
昭和41年
1966年
宗祖700回大遠忌法要記念事業として「本願寺会館」が竣工され、岐阜教区教務所、岐阜別院事務所、大会議室等を具備した教化センターとして活用されております。
昭和50年
1975年
岐阜市近郊の大洞団地に「芥見分院」が建立されるなど、今日まで門信徒の方々にとどまらず広く岐阜県下における総合教化センターとして着実な充実進展をみておりますことは、誠に喜ばしいことであります。
平成28年
2016年 右写真(法要の様子)参照
「岐阜教区・岐阜別院親鸞聖人750回大遠忌法要並びに岐阜別院本堂修復香光殿新築落成慶讃法要」が第二十五代専如門主御親修のもと厳修され、記念事業として岐阜別院本堂の修復、新たな教化センターとして香光殿の新築がなされました。

当時の本堂

  • 本堂

再建の様子

  • 再建1
  • 再建2
  • 再建3
  • 再建4
  • 再建5
  • 再建6

法要の様子

  • 法要の様子1
  • 法要の様子2
  • 法要の様子3
  • 法要の様子4